ブラジル産 天然コーティング・エレスチャル

"錬金術師"





個人的分類

これぞ、天然のアクアオーラ!……といいたい水晶がコレ。
ブラジル産のエレスチャルです。
全体像は、どこが先端だか、どの方向に結晶したのだか、ぱっと見ただけではわからない、エレスチャルらしい形。うっすらスモーキーがかっています。
そのエレスチャルの複雑な結晶面に、慎重に光を反射させていくと……浮かび出る、虹色。

実は、写真の虹は実物よりもくっきり派手に写っています。
しかし、実物も確かに虹色。石の内部に出る虹ではなく、表面が油膜のように輝きます。
これは、結晶の表面が酸化鉄やチタンの酸化被膜でコーティングされているためだそうです。
もちろん、天然です。

アクアオーラのような派手やかな色合いではありませんが、
これが自然にできたものかと思うと……感動!
おそらく、酸化被膜の重なり具合とか、厚みの違いで、
光の反射か屈折が変わり、虹色に見えているのではないでしょうか。

グッド・ネーミング!

某石屋さんが、この神秘的な水晶に付けた名前が、またすばらしい。

「アルケミスタ」です。

英語表記では、アキケミスト(錬金術師)ですが、石屋産のネーミングに従ってラテン語表記(女性名詞)の「アルケミスタ」にしました。
ブラジル(ポルトガル語)では、アメジストをアメジスタ、ルベライトをルベリッタというのだそうです)

金属の酸化被膜によって水晶が虹色に輝く……。
まさに錬金術的不思議。

広く知られたクリスタル用語ではありませんが、このネーミング以上にぴったりな名前があるでしょうか。
気合いを入れて、広めてみようかと思ってしまいます。


2006年1月11日、ブログ掲載
写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。推測・個人的意見が混じっています。


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO