マダガスカル産 ホランド鉱入り水晶

たくましい……星?




水晶の中の黒い星

マダガスカル産のホランド鉱入り水晶です。
「星入り水晶」なんて、ロマンティックな名前で呼ばれることもあります。
スター・ルチル入りと説明されていることもありますが、もちろん、ルチルとは全く別物です。
マダガスカル以外で、ホランド鉱入りというのを聞いたことがないので、さすがマダガスカルなレア水晶……ということになるんでしょうね。

ホランド鉱入りの水晶は、半ば白濁しているものが多く、表面も磨りガラスのように曇っていたりします。水晶の形態は、キャンドル。クォーツタイプで、鉄分の被膜がこびりついている物もあります。
ホランド鉱は、星入り水晶の名前通り、星のような放射状の形で、よく見ると、ファントム状に入っています。
たくさん入っているものだと、黒いホランド鉱の星が、ファントムを形作っていたりします。

それにしても……普通に見かけるホランド鉱入りは、こんな感じでしょう。


      

ふっさふさ

それに比べて、最初の写真のホランド鉱の太く逞しいこと!
水晶事態が小型なので、割合として大きく見えていることも確かですが、そんなことはほとんど影響しないほど、見るからに、圧倒的に、黒々ふさふさしています。
遠目で見てもばっちりです。

そんな黒々ホランド鉱が入っているのがかわいくて、思わず3つもチョイス。
三兄弟で並べてみました。
これは、分離結晶ですけれど、クラスターの状態で黒々ふさふさ内包されていたら……。
さすが、マダガスカル〜。
「石の中に咲く黒い花」……という美しい感想をいただきました。
そういうことでホランド鉱の部分をアップに。いかがでしょ?


2006年3月22日、ブログ掲載
写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。推測・個人的意見が混じっています。


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO