写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。推測・個人的意見が混じっています。
 

 パキスタン産 アクアマリン、水晶、ショール

コンビネーション・ミネラルのすすめ





鉱物、盛りだくさん

アフガニスタン、あるいはパキスタン産です。
磨りガラスっぽい水晶と、蝕像を刻んだ淡く透明度の高いアクアマリン、そしてショール(黒いトルマリン)が、ごちゃっと固まっています。
母岩にそろって生えているのではなく、小麦粉と一緒に混ぜて団子にしたようなかんじ。
ややピンクがかって見える「つなぎ」の部分は、長石でしょうか。
「整って美しい」とは言えませんが、なかなか味のある石です。
あっちこっちに結晶が飛び出していて、なんだか重力を無視して一つに固まってしまったんじゃあ……なんて思えてきます。

アクアマリンの透明感を写そうと、角度を調整しながらレンズ越しに見ていたら、なんだか、隕石のようにも見えてきました。
砕け散った惑星の欠片が、星を満たしていた水の欠片(=アクアマリン)をとどめながら、宇宙空間に浮かんでいる。
実際にはそんなわけありませんが、なんだか物語の一片になりそうな雰囲気です。

混ざっていることの魅力

いくつかの鉱物がいっしょになったものを、コンビネーションとか、ミックスということがあります。
ブレスレットやタンブルなどが多い、いわゆるパワー・ストーンの分野や、体に乗せたり、手に握ったりすることもある、クリスタル・ヒーリングの分野では、たとえば水晶ならば、単結晶のように水晶単体のものがほとんどではないでしょうか。

しかし、コンビネーションにはコンビネーションの魅力が、複数の鉱物が織りなす、色合いや形のおもしろさ、もしくは、小さな世界の雰囲気……物語性とでも言えるものがあります。
ミネラルショーは、鉱物系ショップが多いだけに、コンビネーションものを見つける絶好のチャンス。
小売りショップのセレクトを受けていない、玉石混淆の中には、きっと、面白い石があると思うのです。
わくわく。


(2006年5月31日、ブログ掲載)

 

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO