ブラジル産 硫黄入りレモン水晶

名前が知りたい




においはレモンじゃない

インドの蝕像水晶です。 ブラジル産のレモン水晶です。
イオウのインクルージョンで、ミルキーなレモン色に見えます。
全く見かけないほど珍しいものではありませんが、比較的数が少ない部類に入るようです。
最初はそんなに珍しいと思っておらず、とりあえず一つ……と買って、ふと気が付けば、やはりあまり見かけないのです。中でも、透明感があるものは少ないです。
写真の石は、ややエッジがこすれた感じでダメージがありますが、ほどほどの透明感と色合いがあるので、ポイント高し。

さて、この石の雑記を書くに当たって、もう一度確認のために検索してみてびっくり。
「レモン水晶」「レモンクォーツ」の画像検索で引っかかる水晶のほとんどが
イオウのレモンクォーツじゃない!
「Lemon Quartz」だとさらにびっくりで、海外サイトの画像が引っかかってきません。
もしかして、「レモン・クォーツ」は、日本のみの名称なんでしょうか
ついでに「Sulfur Quartz」でも検索しましたが、これもかんばしくありません。
一体、イオウ入り水晶は何と呼ばれているのでしょう?
私の調べ方が悪かったのでしょうか。
ご存じの方、情報プリーズ!

鉄とアルミニウムと

さて、話はちょっと戻って「レモン水晶」「レモン・クォーツ」で画像検索した場合のレモン水晶ではない、もとい硫黄のレモン水晶ではないレモン水晶についてです。
これはどうやら、スモーキー・クォーツを加熱した色合いのようです。
スモーキー・クォーツはアルミニウムイオンを含み、天然の放射線を浴びることで着色中心(カラー・センター)ができて、光を吸収するようになり、黒(茶色)っぽく色づいて見えていると言われています。
スモーキー・クォーツを加熱すると、この着色中心(カラー・センター)が失われ、スモーキーの色合いは消えてしまうのですが、中にはわずかに緑がかったような上品なレモン色になるものもありこれらもレモンクォーツと呼ばれているようなのです。

同じ名前があるのはややこしい……。
ともあれ、ネットで見かけた「ヒマラヤのレアなレモンクォーツ」もスモーキー加熱の可能性大です。(ヒマラヤのスモーキーであるかどうかは謎ですが)
アメシストとシトリンは鉄イオン、スモーキーはアルミニウムイオンが含まれていて、プラス放射線の影響で黄色や紫や黒(茶色)に見えているといわれていますが、アメシストが含んでいるのは鉄イオンだけではなく、アルミニウムイオンも含んでいます。
同じようにスモーキーも鉄イオンを含んでいるのだそうです。
つまりは極微量のイオンと天然放射線の違いで異なって見える、危ういバランスの上に成り立っている色といえるかもしれません。
やはり、色の付いた水晶は、窓辺に起きっぱなしにしない方が良いと思います。

最後に、アメシスト加熱の焼きシトリンの写真を一枚。
最近ではこの手のシトリンを天然といって売るあんまりなお店も少なくなってきたのではないかと思うのですが……。
せっかくきれいな色合いなのですから、ちゃんと正しく表示していただきたいものです。
もちろん、この石は表示されていました。

(2006年6月25日、ブログ掲載)
写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。推測・個人的意見が混じっています。




SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO