ブラジル産 レーザータイプ・モリオン

スタイリッシュ・ブラック





だって、KURO水晶なんだもん、Part2。

こちらのモリオンが、モリオンの古株だとすれば、今回の石は、モリオンの新顔。
私が知る限り、比較的最近見られるようになった真っ黒水晶です。
先端まで全く透けない漆黒。
それでいて表面はピカピカとまでは行かないまでも、かなりなめらかでややつやあり。
しかも形はレーザータイプ。
これがこちらのモリオンと同じBahia州産だというのですから、水晶は全くもって面白い。
最初見たときは、もしかしてと疑ったのですが、実物を手に入れてじっくり見てみると、明らかに放射線処理とはいえないような。
放射線処理された「黒水晶」は、こちらの石のように、根本が不自然に白かったり透明だったりします。対して写真の石は、根本(破断面ですが)まで不透明黒。

モリオンとはどういう水晶を指すかという場合、真っ黒であると言うほかに、「普通の水晶とは形が違う、こちらのように、そろばん型水晶のような形をしている」という条件が挙げられる場合があります。
これは、かつてモリオンと言えば、ずんぐりそろばん型に近いブラジル産のものが有名だった……ということによるものだと思われますが、最大の条件である色で言うなら、この水晶はトップクラスの黒。
モリオンにしては珍しい「美肌」で、スタイリッシュな形ですが、たぶん、天然モリオンである……と思います。(願望込みで)
もし、処理ものであるという情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら、教えて下さい。

(2006年8月22日、ブログ掲載)

写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。推測・個人的意見が混じっています。




SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO