パキスタン(or アフガニスタン産 フローライト(長石母岩)

ひとしずくの息吹




 決めては「かわいい」

局地的ブーム続行中のアフガニスタン・パキスタンの石から、今回は、フローライトの登場です。

例によって種類もグレードもさまざまにころころ並ぶ石の中から拾い出したのは、白い母岩にちょっと淡めのエメラルド色のひとしずく。
不透明白の、おそらく長石であろうと思われる石にくっついたフローライトです。

アフガニスタン、パキスタンでフローライト……。
一瞬イメージが繋がりませんでしたが、以前にひとつアフガニスタン産のブルー・フローライトが登場していました。
それまでは、磨いたものしか見かけませんでしたが、気をつけてみてみると、アクアマリンに混じって淡い色の天然八面体を見かけます。
塊状のものでは、濃い紫色もあるようです。
さらには、色は淡めながら、ピンク・フローライトも出ます。

写真のフローライトは、アフガニスタン産のパステルカラー・トルマリンを思わせるさわやかな色。
結晶の形をしているフローライトの中では、鮮やか目の色合いでしょうか。
形は不完全で骸晶ながら、八面体を形作ろうとしているようです。

板状の白い母岩の、しかも角の部分に、ちょこんと1センチくらいの結晶がくっついているさまは、
ものすごくかわいい!

そうです。この石のチョイス・ポイントは、「変」でもなく「珍しい」でもなく「かわいい!」
たまにはそういう基準で石を選ぶこともあります。

2006年10月26日、ブログ掲載
写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。推測・個人的意見が混じっています。



SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO