ネパール産 ヒマラヤ水晶

無色だと思っていたら。






ほんのり、かすかに

ガネーシュ・ヒマール産の水晶です。
大きさは4センチほど。ちいさいけれど均整の取れた形と、透明感が目を惹きます。
先端部分の、結晶越しに透けて見える反対側の面の成長線がなかなか良い感じです。
根本には緑色の鉱物が内包されていて、形と色から推理すると、アクチノライトではないかと思います。

さて、この石、手に入れてからしばらく完全な無色だと思っていました。
ところが、こちらの石がやってきたことで、ごくわずかに黄色みを帯びていることがわかったのです。

もちろん、シトリンと言うには淡すぎ、それどころか、比べなければ黄色みをおびてることさえわからない、言うなれば、「あたたかな透明」それがこの石です。




SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO