中国産 フローライト付水晶


うれしい発見、そして訂正





よーく見てみたら

以前、中国の湖南省
揺崗仙(Yaogagnxian)産のフローライト付水晶をご紹介しました。

訂正します。

確かに、フローライト付水晶なのですが、実はこの石、
フローライト入り水晶でもありました。
前回の写真が、いささかピンぼけなところがあったので、撮り直して差し替えようか……と、石を引っ張り出し(普段は箱の中なのです)、カメラを向けたところ……おや?
この、水晶の中の、四角いのは何だろう?
ルーペを持ってきてのぞき込んでみると……確かにサイコロのような形の結晶が。

そうです、フローライトです。
ほぼ無色透明ですが、確かにフローライト入り!
しかも一つではありません。
しっかり確認できるもので2個。あと一つ二つ入っているかもしれません。
写真に矢印を入れてみました!
わざわざ、「ここからはフローライト入り水晶も出るんだそうです」などと、自分で書いておきながら、その石がフローライト入りだったなんてまるで気がついておりませんでした。

まったくもって不覚!

しかも、今見ると、前回の写真にもちゃんと中のフローライトが写っているのに!
お店のラベルにもわざわざ手書きで「水晶上」と書き足してあるんですけど、石はよーく見なければ。
せっかく上に乗っかっているフローライトが紫色なんだから、中のフローライトも紫色なら、もっと早くに見つけられたでしょうが、中のフローライトはほぼ無色。
どうやら、ファントムの上にくっついているようです。
水晶が成長していく途中で、錐面に透明なフローライトが付着し、それを飲み込むように水晶がさらに成長したあとに、紫色のフローライトが成長したということなのでしょう。

……というわけで、マダガスカル産に続いて、第2のフローライト入り水晶、めでたくデビュー!



SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO