ウルグアイ産  アメシスト


光に透けて





この石だって!

ウルグアイ産のアメシストです。
ラベンダー・アメシストがきれいに撮れたとき、「今なら、これもきれいに撮れるかも!」と、あわててひっぱりだしました。
たいてい、光が反射しすぎてどこかが真っ白になっちゃうか、青みが強く出過ぎて、色を補正すると、背景が妙に赤っぽくなってしまったりします。
ところが、今回は不思議にすんなり色が出ました。
うれしい!

実は幸運なこと

世界最大のアメシストの産地はブラジル。
ウルグアイはその南隣の国です。
実際には色の濃さもさまざまなものが出るようですが、一般には色が濃くて、柱面が発達していない、つくつくした感じのアメシストで知られています。
写真の石も、いかにもウルグアイらしい色と形。
特に、黒く見えるほど深い色合いの紫は、なかなかきれい。
クラスターとしては小さいですが、ダメージがほとんどないのもうれしいところです。

そんな石を、光に透かして撮ったのが今回の写真です。
日頃は、どうしてもめずらしい石、変な石に目を向けてしまいますが、このような深い色合いの石が、選べるほど豊富に産出し、手が届く価格帯にあると言うことは、実は、とても幸運なことだと思います。





SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO