コロンビア産 グリーン・クォーツ

夢水晶



ドリームクォーツ

2006年のツーソン戦利品第2弾です。
コロンビア産のエピドート入り水晶なのだそうです。
最近新たに見つかった水晶で、「Dream Quartz」と名前が付けられているのだとか……。
水晶の中に、繊細な緑のインクルージョンが揺らめきたなびくさまは幻想的で、まるで、おぼろげな月光を閉じこめているよう。
2006年のツーソンショーで出回ったらしく、何店かで見かけました。
見たり、聞いたり、説明書をいただいた情報を総合してみます。

実は、このコロンビア産の水晶、よーく見るといくつかのタイプがあります。
大きく分けると、一つは、写真のようにペール・グリーンのもやもやが結晶の中心部から内包されているもの。
もうひとつはやや白濁し、緑色は比較的表層部分にファントム状に入っているもの。
あるお店で聞いた話によると、前者の方、つまり内部からもやもやした緑がはいっているものが「ドリーム・クォーツ」なのだそうです。

いくつかタイプがあるらしい

ところが。
この「ドリーム・クォーツ」にも、いくつかタイプがあるような……。
ひとつは、写真の石のようにやや緑がかったもの。
そしてもうひとつは、「やや青みがかったもの」。非常に微妙な違いなのですが、確かに違う。
エピドート入りの「緑水晶」というよりは、「青水晶」……?

そこでハタと思い出しました。……コロンビアのほんのり緑な「青水晶」があるじゃないか!
それはこちら。しかし、コレはアクチノライト入りだったはず。

写真の石のもやもやぐあいは、エピドートよりもアクチノと言われた方がしっくりします。
しかし、同じ産地から採れたという、「芝生のように生えそろったエピドートの上に乗っかった水晶」を
見せてもらったことでもあるし、同じ色の水晶でエピドートが食い込んでいるのもあるので、内包物はエピドートでいいはず……。

でも、なんだか納得できません。
写真の石はご覧の通り揺らめくような内包物ですが、エピドートが食い込んでいるのは、内包物が直線的です。
しかも……。




こちらの写真は、石の裏側ですが、そこに見られるあばたのようなへこみは、クロシドライトのような、石綿系の鉱物が抜けた痕に酷似しているのです。
これでもほんとうにエピドートのインクルージョンなんだろうか。

ドリームクォーツの謎

コロンビアの淡い緑の水晶について整理するとこうなります。
(1)緑色は比較的表面でファントム (ドリーム・クォーツではないらしい)
(2)緑色が中心部分から内包。内包物はエピドートとされている。
   ふんわりぼやけた感じ。(写真の石/ドリーム・クォーツ)
(3)2と似ているが、色合いがやや青っぽい。
   特に青い部分が粒状にファントムを形成しているものもあり。  (ドリーム・クォーツ)
(4)色合いは2と同じ感じだが、内包物の感じが極細でも直線的。
   エピドートが食い込んでいる。(ドリーム・クォーツ)
(5)見た目は2とそっくりだが、内包物がアクチノライトとされている。

一見同じようでも、こんなにあるとは。謎は深まるばかり。
いや……そもそもドリーム・クォーツって、ハーキマー・ダイヤモンドのことじゃなかったか。
深まるどころか、謎は振り出しに戻る。


2006年3月14日、ブログ掲載
写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。推測・個人的意見が混じっています。



SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO