ネパール産 DTタビー


平べったくて、両錐で。




ガネーシュヒマール(産水晶)だよ。

Iこの石を見せた何人かの人に言われました。

「……水晶? 違うでしょう」

いいえ、水晶です。
ガネーシュ・ヒマール産、ヒマラヤ水晶ですとも、こいつは。
そのお店が仕入れているヒマラヤ水晶は、ガネーシュ・ヒマール産だけという話ですし、他の産地の水晶はほとんどなく、あっても、間違えるほど似ているような形のものは一つもありません。
だから、ほぼガネーシュ・ヒマール産で間違いなしだと思います。

ややクリームがかったような色合い、表面のざらつき具合、微妙なクローライトのくっつき……わかっていて見れば、個々の特徴は、なるほどガネーシュ。

でも……はじめて見たときは、私も首を傾げました。
手触り、重さ、店の扱う石からして確かに水晶なんだけど、
水晶に見えない……!
目で見ていると、ダンビュライトとか、水晶以外の石に見えてきます。
いやいや、コレは水晶なんだってば。

写真は、これまた水晶に見えにくい角度から撮ってしまったので、もう一枚。





まだ見にくいですねえ……。
2目今の写真の、右上のカットが、一番水晶に見えます。
つまり、この水晶はきれいに板状で、しかもDT(両錐)の水晶なのです。
2枚目の写真の右下のカットが、石を真横から撮った写真で、見事に平べったくなっていることがわかります。

1枚目の写真、2枚目の写真の左のカットは、石の左右が錐面です。
さあ、水晶に見えてきたでしょうか。

さて、この水晶、なぜこんなに平べったく成長したのかも謎なら、
どこで母岩にくっついていたのかも謎。
石をひねくり回して見てみても、母岩に接触していたと思われる部分が見つかりません。
ガネーシュ・ヒマール産で板状のものはこれとかこれなど、2つほど持っていますが、ここまで「板」で、しかも両錐のものがあろうとは。

水晶と言えば、六角形で先端が尖っていて……というのが基本スタイルですが、基本はあくまで基本であって、それからはずれたものもたくさんあります。
基本からはずれていても、いくつかの結晶がくっついているとか、角の部分がよけいに成長しているとか、基本スタイルからどこかがアレンジされているので、注意深く見ていくと、なるほどこれは水晶だとわかってきます。

写真の石も、「水晶じゃないでしょう」とまでいわれながら実は水晶の基本スタイルを忠実に備えていて、これほど板状でありながら、ちゃんと断面は6角形です。
どの面が錐面かがわかると、自動的に柱面もわかってきて、なるほど成長線(レムリアンシードで言うところのレムリアンリッジ、またはバーコード)が、横方向に刻まれていることもわかってきて、なるほど水晶。

へんてこりん水晶達は、石(水晶)を見る観察眼を養うための突発的テスト問題……だったりして。

2007年11月3日、ブログ掲載
写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。推測・個人的意見が混じっています。



SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO