ネパール  ガネーシュ・ヒマール  カンチェンジェンンガ  ガウリシャンカール  エベレスト アンナプルナ  ジャジャルコット 
ラスワ、ジュゴール カンジロバ ダウラギリ マカルー サイパル マナスル
 インド クル・マナリ ナイニタール ラダック アイスクリスタル  ダーラ パルギ
 その他 ブータン チベット パキスタン 地図 山データ
写真および文章の無断転載・転用はご遠慮下さい。

ネパールの主な山々

地図に入れる文字の資料を探していて、発見しました。
どうやら、1996年から1999年にかけてネパールの新しい地図が作られたらしく、新しい地図では、国境のラインや山々の位置、標高に若干の変更があるようです。

ネットでもちょっと調べると、エベレストの標高が二通りあることに気が付くと思います。これは、8850mの方が新しいデータです。ヒマラヤ山脈は、今もなお成長を続けているんですねえ……!
かと思えば、数値が低くなっているものもあります。これは観測機器の精度の問題でしょうか。

一生懸命調べましたが、新しいデータが見つからなかったところもありますので、こちらにまとめました。
旧標高しか書いていないものは、新しいとされるデータが見つからなかったものです。
また、私が調べた以外にもデータがあって、最新データとは異なっているかもしれませんので、ご注意下さい。

できることなら、山の写真を載せたいところですが、どこかにヒマラヤの山々の写真素材(無料の)はないでしょうか……。見かけたよ、とおっしゃる方はぜひ、ご一報を。



山名 英語表記 別名・意味 標高
カンチェンジュンガ主峰 Kangchenjunga チベット語で5つの大きな雪の宝庫 8586  
カンチェンジュンガ西峰   ヤルン・カン 8505  
カンチェンジュンガ中央峰
  8478  
カンチェンジュンガ南峰   8476  
マカルー Makalu   8462 世界第5位 
8463m説もあり
マカルー2 Makalu 2   7678
ローツェ Lhotse 南の峰 8516 世界第4位
エベレスト Everest サガルマータ(大空の女神)
チョモランマ
(大地の母神)
8488 8850m説もあり
チョー・オユー Cho Oyu シェルパ語でトルコ石の女神 8201 世界第6位
ガウリシャンカール  Gaurisankar (元)世界最高の山 7134
シシャ・パンマ Shisha Pangma シシャパンマ(チベット語で「牛も羊も死に絶えて、麦も枯れる地方」の意味
ゴサインタン(聖者の居所:サンスクリット語)
8013 全部で14座ある8,000m峰の中で、完全に中国領内(チベット)にある唯一の山。
8,000m峰の中で、世界で最後に登頂された。
8012mまたは8013m説もあり
ランタン・リルン Langtang Lirun 牡牛のいる平原の大きな山 7245
ガネーシュ・ヒマール1
Ganesh Himal 1 象神(ガネーシャ)の山
(ヤングラYangra)

(ヤンラ・カンリ Yangran Kangri)
7406 7422m説もあり
ガネーシュ・ヒマール2 Ganesh Himal 2      〃     
ラプサン・カルボ Lapsang Karbo)

Chalasumgo Peak)
7150 7118m説もあり
ガネーシュ・ヒマール3 Ganesh Himal 3      〃     (Safasungo) 7130 7043m説もあり
ガネーシュ・ヒマール4 Ganesh Himal 4      〃     (Pabil) 7052 7104m説もあり
ガネーシュ・ヒマール5 Ganesh Himal 5      〃 6816 6986m説もあり
ガネーシュ・ヒマール6 Ganesh Himal 6      〃     (Lampu) 6085 6460m説もあり
ガネーシュ・ヒマール7 Ganesh Himal 7      〃      6350
マナスル Manaslu 霊魂の国、雪の肩
サンスクリット語で「精霊の山」を意味するManasaにちなむ
8163 世界第8位
アンナプルナ1 Annapurna 1 豊穣の女神
エルゾーグ
8091 世界第10位
登山者の死亡率が高く別名「キラーマウンテン」
アンナプルナ2 Annapurna 2      〃 7937
アンナプルナ3 Annapurna 3      〃 7555
アンナプルナ4 Annapurna 4      〃 7525
アンナプルナ南峰 Annapurna      〃 7219
ダウラギリ1 Dhaulagiri 1 サンスクリット語で「白い山」 8167 世界第7位
ダウラギリ2 Dhaulagiri 2      〃 7751
ダウラギリ3 Dhaulagiri 3      〃 7715
ダウラギリ4 Dhaulagiri 4       〃        、人喰い山 7661
ダウラギリ5 Dhaulagiri 5      〃 7618
カンジロバ・ヒマール Kanjiroba Himal 6883
サイパル Saipal 7031
アピ Api 7132



その他いろいろ名前の由来

名前 名前の由来・メモ
ヒンドゥークシュ アフガニスタンの北東からパキスタン北西に広がる1200kmにわたる山脈。
ペルシャ語で「インド人殺し」
インド人の奴隷がかつてペルシアに抜ける際にこの山中の険しさから何人も亡くなったことに由来
ナンガパルパッド ヒマラヤ山脈の西端の独立方。世界第9位の山で標高8126m
サンスクリット語で「裸の山」という意味
カラコルム トルコ語で、「黒い砂利」という意味
カンダハール アレクサンダーの東方的呼び方“イスカンダール”に由来
カイバル ヘブライ語で「砦」「城」「宮殿」。
   
   
   
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO